コンクリートの研磨はなぜ有益なのですか?

コンクリート研磨は、全国の家庭や事業主の間で発見され、広く使用されている新しいトレンドです。 コンクリート研磨が新築、既存物件、改築プロジェクトに最適な理由はいくつかあります。 では、なぜコンクリートの研磨が急に望まれるようになったのでしょうか? 答えは以下にあります。 読み続けて、住宅用または商業用物件のコンクリート研磨とコンクリート メンテナンスに関するさまざまな利点と情報を学びましょう。

コンクリートの研磨

コンクリートのスラブがどのように見えるかは誰でも想像できます。 薄暗く、灰色で、鈍い。 コンクリート研磨の新しい技術により、この外観はわずか数か月で過去のものになる可能性があります。 コンクリートは、住宅用および商業用の新しい建設の基礎として使用されます。 今はフローリングとして使われています。 磨かれたコンクリートをフローリングとして使用すると、家や建物の興味深い特徴が生まれます。 これについてさらに議論しましょう。

コンクリートは実用的で安価な床材です。 特にカーペット、リノリウム、タイル、硬材の上。 潜在的なインテリア資産とは見なされていませんが、磨かれたコンクリートは確実に復活しています。 では、研磨されたコンクリートはどのように見えるのでしょうか? また、住宅用および商業用の床材としてなぜこれほど優れているのでしょうか? 最初の答えは耐久性です。 コンクリートは耐久性があります。 そのため、新しい建設や基礎開発の間で非常に多様に使用されています。 研磨すると、光沢があり、光沢があり、滑らかに見えます。 設置、処理、研磨にほとんど費用がかからない高級感のある床です。 大がかりなケア、メンテナンス、交換、再仕上げ、またはメンテナンスは必要ありません。 同様に、消毒化学処理の使用など。 デザイン、パターン、グリッド線などでカスタマイズすることもできます。 大理石、タイル、または磨かれた石に似せて着色することもできます。

この新しい技術により、ゼネコンや住宅所有者は、誰もが手頃な価格で光沢のある美しいフローリングを製造できます。 彼らは、最初にコンクリートの表面を削って凹凸をなくし、滑らかな仕上げにすることで、この光沢のある磨かれたコンクリート仕上げを実現します。 彼らは研磨機の助けを借りてこれを行います。 木材を研磨するのと同様のプロセスです。 これらのマシンは注目に値する機器のユニットです。 粉々になったダイヤモンドから作られたブレードとディスクを使用して、固体の表面を研削します! このハイテクな紙やすりのような技術は、これらの完璧で滑らかな磨かれたコンクリート仕上げを生み出すものです. コンクリートの研磨に加えて、酸染色と呼ばれる新しい技術が実験されています。 酸性染色は、コンクリートの床にさらに複雑なデザインや色を追加できる技術です。

コンクリートの床が最近設置された場合、研磨プロセスの前に研磨する必要はほとんどありません。 ただし、作業を開始するには 30 日間の待機時間が必要です。 むき出しであろうとカーペットの下であろうと、コンクリートの床が存在する場合は、紙やすりで磨いたり、脱脂したり、掃除したり、ほこりを払ったり、追加の準備が必要になります。 コンクリートの床が非常に多孔質またはでこぼこしている場合は、研磨する前に表面を塗り直す必要があります。 磨かれたコンクリート床材の利点は次のとおりです。

  • 汚れにくい
  • お手入れ簡単
  • 市販の材料
  • DIYの可能性
  • コーティングやワックスが不要
  • すべりにくいです
  • カウンタートップにも
  • もっと!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *